そのほかの比較要素


お金が必要(若者)6

金利や限度額、対応しているコンビニといったの要素も、どの消費者金融に契約の申し込みをするか決めるにあたって比較したほうが良いでしょう。金利は低いほうが良いですし、限度額は高いほど良いでしょう。また、よく利用するコンビニに対応しているに越したことはありません。

契約の申し込みをする消費者金融をどこにするか決める上で、とくに気をつけたいのが金利に関することです。各消費者金融公式のWebサイトなどで金利の条件を見てみると、3.0~18.0%という表示のされかたをしているのがわかるはずです。

この場合、3.0%が最低金利、18.0%が最高金利です。契約の申し込みをする際に、最低金利がより低いところにしようとする方がいますが、これはやめておいたほうが良いでしょう。初回は消費者金融とのあいだで返済能力があるということでの信頼の構築ができていないため、審査で契約と融資がOKと判断されたとしても、借入限度額は低めになるのが一般的です。

また、契約時の金利は最低金利ではなく最高金利が適用されるのが普通です。

そのため、どの消費者金融に契約の申し込みをするか決める際には、最高金利が低く設定されているところを選択したほうが利息の負担を軽くすることができて良いでしょう。

(メンテナンスに要注目)